スポンサーサイト

  • 2017.02.21 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    1月に飲んだ清酒

    • 2017.02.20 Monday
    • 17:32

    三千盛 純米大吟にごり
    ほぼ毎年この時期になると飲んでいる「にごり」。辛口で知られる三千盛の

    にごりだけに、にごりでありながらスッキリ感が際立っています。辛口に過

    ぎるお酒は一抹の寂しさ、物足りなさを伴うことが多いですが、このお酒の

    場合、活発に発泡している故の爽やかな舌触りと、にごり独特のフルーティ

    な味わいと、辛口ならではのスッキリ感が見事にマッチしていて、結構簡

    に一夜で一升瓶が転がってしまいます。若いコの一瞬のキラメキ…なんて

    ね。後が怖い…

     

     

    菊姫 先一杯
    昔、この酒の熱心な支持者の方がいて、教えてもらいました。石川県には

    少なからず縁があるので、親近感もあります。酒屋さんの説明で、ほとん

    どの蔵のお酒は新鮮さが魅力になるものだが、この蔵は3年ほど熟成させ

    たものが売り、というお話。今回、久しぶりに飲んでみて、なんとなく納

    得。わずかに、ちょっと変わった甘みがあります。これが熟成の味か、と。

    このわずかな甘みは、味に艶を与えている、という感じ。若く溌剌とした…

    ではなく、大人の色気。なので、好みは分かれるかも。年増好みのお酒、

    ということで。塗りの器が似合いそう。

     

     

    龍勢 冷やおろし
    酒屋さんにすすめてもらって今回はじめて飲んだお酒。大当たりでした。

    超私好み。広島の酒で、酒米に「雄町」が使われていることをラベルでも

    アピールしています。酒米といえば「山田錦」が最高、という話は常に耳

    に入ってくるので、山田錦以外の酒米で醸った酒ってどうなんだろう、な

    んて思いながら飲んだのですが「雄町」さん、失礼いたしました。バラン

    スが良く、文句のつけどころのない味でした。あえて文句を言うなら、バ

    ランスは完璧なんだけど突出したものもない。「爽やかな三千盛のにごり」

    や「濃厚でしっとりした菊姫先一杯」といったキャプションがつけにくい。

    日本酒はコレでいいかな…良くも悪くもそんな感じのお酒でした。

     

    鉄男のアテンドシリーズ2013 vol.3 長野電鉄

    • 2013.01.24 Thursday
    • 12:42


    (上 左・右)長野電鉄湯田中駅あたりから竜王スキーパーク方面を望む
    (下)竜王スキーパーク 雪雲に覆われていたためあまりぱっとしない景色ですが、晴れていると、
    雪質とともに風景も、ニセコや富良野に全く見劣りしないパノラマが広がります。

    今度は長野電鉄。電鉄長野駅から湯田中温泉駅へ。湯田中温泉駅の駅舎も有形文化財なら、宿泊
    した宿の温泉も江戸時代から続く、という有形文化財。またもタイムトリップの旅でした。
    ついでに竜王スキーパークで半日をフルに使ったスキーをしたのですが、このスキー場は何度来て
    も雪質ゲレンデともに良く、ニセコや富良野に負けないところだと思います。個人的には信州ナンバー
    ワンだと思っているのですが。
    蕎麦がウマイ…


     

    鉄男のアテンドシリーズ2013 vol.2 近江鉄道

    • 2013.01.24 Thursday
    • 12:20



    ヴォリス設計の「豊郷小学校」。保存か取り壊しかで以前マスコミを騒がせましたよね…
    こうして見ると、確かに保存の価値あり、と言う感じ。随所にヴォリスのセンスが現れていますが、
    私見では、ヴォリスさん、「柱の向こうの、窓の向こうの、その奥の向こうに…」みたいな奥行き感
    が魅力ですね。空気が見えるみたいな気がしました…

    いやはや、鉄男のアテンドも矢継ぎ早です。次は「近江鉄道」。途中にある豊郷小学校はご存じ
    ヴォリスの手になる趣ある建物。アニメ「ケイオン」の舞台としても知られている…というのは行っ
    て知りました。鉄男のアテンドがなければ、ここへも一生行くことはなかったでしょう。
    ま、これもいい経験か…
    ところで、ヴォリスさん、ドアがとっても大きいですね。ドアが大きいと、重厚な気分になることに
    気づきました。

     

    鉄男のアテンドシリーズ2013 vol.1 電鉄富山

    • 2013.01.24 Thursday
    • 12:04


    電鉄富山駅周辺(つまり、富山市のど真ん中)から立山連峰を望む

    電鉄富山のどこかの駅。鉄男が私のiPoneで勝手に撮ってきたのでどこの駅か分かりません。

    新年4日、早速鉄男のアテンドで富山へ行くことになりました。
    真冬の宇奈月温泉の街は、タイムトリップしたようで快適ではありましたが…
    富山の駅前の奥に古い映画館などのある細い雑然とした小路に入ったのですが、こちらも完全
    タイムトリップ体験でした。
    やっぱり、寒ぶりと甘エビが秀逸でした。思わず、地元の吟醸酒を抱え込んで一人で夜遅くまで
    チビリチビリとやってしまいました。

    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。
    http://digitrek.co.jp.jp/
    http://iey.jugem.jp/

    子守勝手神社

    • 2013.01.23 Wednesday
    • 19:19
     
    我が家恒例の、元旦深夜の「子守勝手神社」です。そして、恒例の竹細工の干支です。
    今年の子守勝手神社は寂しかったです。
    午前2時半くらいに行ったところ、観音様の方の引き戸は既に閉められて明かりも消え、
    例年地元の人が10人弱も集って守っている社の前のたき火を「係員」みたいな人二人
    が水を浴びせかけて消しているところでした。
    何だか侘しい光景でしたが、これも時の流れかと…。

    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。
    http://digitrek.co.jp.jp/
    http://iey.jugem.jp/





    謹賀新年

    • 2013.01.06 Sunday
    • 15:01
     

    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。
    http://digitrek.co.jp.jp/
    http://iey.jugem.jp/

    秋の夕日に輝る山紅葉♪

    • 2012.11.17 Saturday
    • 03:00
     
     

    ここ1〜2年、海の生物マニアと模型エンジンマニアから鉄オタ
    へと変身した息子につき合わされ、鉄オタの聖地の一つに連れて
    行かれました。

    その筋の方々なら写真を見ただけでお分かりでしょう。

    全く鉄オタと程遠い私は、ただノスタルジーに浸って帰ってきま
    した。
     
     


    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。【http://digitrek.co.jp.jp/
    http://iey.jugem.jp/

    神々の黄昏 そして 全ての可能性がある

    • 2012.10.30 Tuesday
    • 04:00

    大阪中之島あたりから見る秋の夕暮。カクテルグラスの底のよう…とは陳腐な例えですね…

    今年も日本人のノーベル賞受賞者が現れました。自分の能力とは何の関係も無いにも
    かかわらず、同じ日本人として何か誇らしい気持になるのは微笑ましいものと見逃し
    ていただけると幸いです。

    ところで、今日たまたまテレビで、山中教授の開発されたiPS細胞について私たち素人
    にも分かるよう解説されているのを見ました。その内容をひどく乱暴に総括してしま
    うと、体細胞はその組織専用に生まれてくるのではなく、あらゆる組織の細胞になる
    可能性を持つ中で、目的以外の可能性に蓋をするシステムで合目的化されるとのこと。

    これって人間の(もしかして生物全体の?)発生の基本的な形態なのでは?と思って
    しまいます。

    生物の脳の発達もほぼ同様のスタイルをとっている気がします。つまり、新生児の段
    階の脳組織は全ての可能性を持っていて、日々育つ中で、生きていく上で必要性必然
    性が低い(と脳が勝手に判断した)機能(可能性)にどんどん蓋をしていき、生きる
    ための最適化を推し進めていくものではないでしょうか。

    自分の子供の成長を観察していてそう確信しています。

    もしこれが真実なら、少なくとも知性分野の「天才」を育てる「ノウハウ」というも
    のが開発可能になるかも。つまり「この分野の天才をつくるには生まれた時からこう
    いうものを与えればよい」というような…。ただ、このことの問題点はiPS細胞よりも
    ES細胞についてより多く議論されていた「倫理」についてです。

    人間は急速に「神様のお仕事」領域へと邁進していますが、これまで「神様」にお任
    せしていた領域を人間が意図どおりに操ることで、その先にどういうことが起こり得
    るのか、ということについての満足な分析は今のところ誰も成功していません。

    ニーチェが発した「神は死んだ」という言葉は1960年代のアメリカで無神論の時代を
    象徴するものとして表立って使われたようですが、それから半世紀を経て、いよいよ
    本当に神様は逝去なされたのでしょうか。どうも噂では、神様は逝去されたか、ある
    いは少なくとも死の床にあられるらしい…。今まで神様任せにしていたお仕事を人間
    が引き受けるのは気分的になかなか重たく大変なことだとは思いますが、覚悟を決め
    る時がきたのかも知れません。

    ところで、神様がいない時代の「倫理」ってなんでしょうか。人間が効率よく生きて
    いくための「調整律」みたいなものかしら…。だとしたら「倫理」なんて言葉は大げ
    さすぎる気がするし…。うーん、何だかよく分からなくなってしまいました。

    とにもかくにも、人間にとって世はどんどん思い通りにできるようになるとともに、
    重たくどうにもならないものになっている、ということのようです。

    もしかしたら、重たいことは神様にお任せできた時代の方が人間としては気楽だった
    のかも知れません。

      
    (上左)明石 大蔵海岸公園から見た秋の夕暮  (上右)左を見ると橋が…
    (下左)さらに振り返ると月が…  (下右)日が暮れると

    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。【http://digitrek.co.jp.jp/

    なんと小さいんだろう!

    • 2012.07.05 Thursday
    • 12:06

    宇宙が生まれたのが約135億年前

    その宇宙に地球が誕生したのが約45億年前

    その地球にどうも生命らしいというものが誕生したのが約35億年前

    爬虫類が進出しだしたのが2億5千万年前

    その爬虫類が恐竜となって栄えたあげく滅びたのが約6千万年前

    その生命の中でネズミのような猿の祖先が生まれたのが2千万年前

    その猿の仲間からヒトが別れたのが600万年前

    人類の歴史が始まった(文字を使いだした)のは約4千年前

    人の一生は長くて約100年

     

    1年を1个塙佑┐襪

    宇宙が生まれてから13,500辧陛豕―ケープタウン間約14,750辧

    その宇宙に地球が誕生してから4,500辧陛豕―バンコク間約4,620辧

    その地球にどうも生命らしいというものが誕生してから3,500辧陛豕―マニラ間約3,000辧

    爬虫類が進出しだしてから250辧陛豕―浜松間約250辧

    その爬虫類が恐竜となって栄えたあげく滅びてから60辧覆發ξ磴詫廚蠅泙擦鵑茲諭

    その生命の中でネズミのような猿の祖先が生まれてから20

    その猿の仲間からヒトが別れてから6

    人類の歴史が始まってから(文字を使いだしてから)4m

    人の一生は長くて10

     

    恐竜が栄えていた期間を150劼箸垢襪函▲劵箸形を成し始めてから6辧
    歴史が始まってから数m、人の寿命はわずか10儖焚次

    私にはどうしても人は恐竜ほど長い期間繁栄するとは思えないのです。

    自分の小ささに、気が遠くなります。

     

    こんなことを考えていたら、次のようなものを見つけました。

    http://scaleofuniverse.com/

    http://sankei.jp.msn.com/science/topics/science-16569-t1.htm

    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。【http://digitrek.co.jp.jp/

    桜はまだかいな

    • 2012.04.04 Wednesday
    • 10:10


    4月1日夜、靭公園の桜。今年は4月に入っても寒い日が多いですね。
    昨日は時ならぬ大嵐だったし…
    でも、桜が散る心配はあまりなかったような。だってまだ咲いていないんですから。
    人生全て塞翁が馬…というほど大げさに言うことでもないですよね…


    ◆株式会社デジトレック オフィシャルブログもよろしくお願いします。【http://digitrek.co.jp.jp/